哺乳瓶の消毒方法について

煮沸消毒が一般的ですが、塩素系の薬剤消毒や電子レンジを使った煮沸消毒など、さまざまな方法があります。

ママさんに聞く!どんな哺乳瓶を使っていますか?

耐熱ガラスの哺乳瓶なら便利

煮沸消毒がしやすいのは、耐熱ガラスの哺乳瓶です。ただし重さがあるので、赤ちゃんに持たせることは難しいです。

プラスチック製の哺乳瓶

薬液消毒が簡単なので、常時使っています。軽いので、赤ちゃんも自分で持てるようになると楽になります。

使い捨ての哺乳瓶があります

コンパクトにまとまる使い捨ての哺乳瓶はお出かけの際に便利です。使い捨てなので、その場で処分できるのもいいですね。

海外製の哺乳瓶を使っています

乳首が母乳感覚で扱えるので、赤ちゃんが嫌がることなく飲んでくれます。かわいいボトルが多いのもうれしいですね。

ハンドル付きのトレーニングマグ

哺乳瓶を卒業する月齢に近いので、自分で持てるハンドル付きのものを使っています。コップに移行しやすいですよ。

様々なタイプの中から選択する

親子

母乳で育てなければいけないということはありません。ミルクでも今は十分に栄養を摂取することができます。母乳でなければいけないというプレッシャーを感じて、母親がストレスを受けてしまうことがあってはそのほうが不健康と言えるでしょう。子どもの成長度合いに応じて、哺乳瓶も変える必要があります。サイズも豊富なのでどれくらい飲むことができるのかによって子どもに見合うサイズを購入するとよいでしょう。また新生児の中には哺乳が難しい状態の子もいます。サイズだけではなく、様々なタイプがあるので、様子を見ながら選択をすることも可能となっています。産院や病院でも相談を受けていることが多いので悩んでいるのであれば相談をするとよいでしょう。

価格のチェックを行う

哺乳瓶

哺乳瓶の価格もかなり差があります。オンラインで購入をするとリーズナブルなものもたくさんありますが、安心をして利用をすることができるものの方が好ましい、ということであればメジャーなメーカーのものを購入するとよいでしょう。消毒も必要となってくるので、扱いやすいものをチェックしておくとよいです。オンラインであれば価格の比較も行うことができるので、比較検討をした上で子どもに合うものを見つけるとよいでしょう。

機能性を重視する

ベビー用品

母親の中には機能性ではなく、デザイン性を重視して哺乳瓶を購入する人もいます。しかしデザイン性を重視すると使い勝手が悪いこともありますし、消毒などの管理が面倒になってしまうことがあります。子どものことを第一に考えているのであれば、自分の好みに合うものを見つけるのではなく、機能性を重視したものをチェックしておくべきでしょう。機能面を重視することによって、哺乳しやすいのかどうかも変わってくることがあります。

広告募集中